ホーム > 新着情報 > 下関市新庁舎建設工事の起工式及び安全祈願祭が行われました

新着情報

下関市新庁舎建設工事の起工式及び安全祈願祭が行われました

2018年10月17日午前9時より、「下関市新庁舎建設工事」の起工式及び安全祈願祭が執り行われました。
当社は、本工事の前段階である岩盤掘削工事の元請負人として、また本工事の元請負人の『安成工務店・野口工務店・住吉工業・大庭工務店下関市新庁舎建築主体工事共同企業体』の構成員として出席致しました。

今年6月より建設予定地の解体工事が本格的に開始され、その終了をもって起工式を迎えた当工事は、来年2月に岩盤掘削工事を終え、本格的な建設に着手し、2020年1月の完成、そして同年4月の運用開始を目指します。

新庁舎の規模は、RC造5階建て延べ5150平方メートルで、完成すれば既設の新館と旧本館の階高の違いが解消され、立体駐車場5階までのすべてのフロアから新庁舎へのアクセスが可能となり利便性が向上します。

下関市の歴史に残るプロジェクトに携わらせて頂くことに身の引き締まる思いです。
初心を忘れず、安全第一・無災害で、皆様からご満足頂けるものを提供すべく、努力していく所存です。

新庁舎起工式_181017-3.JPG

新庁舎起工式_181017-1.JPG 新庁舎起工式_181017-2.JPG

  2018/10/17   admin