ホーム > 土木工事部門 > 土木工事部門 概要

土木工事部門 概要

伊倉南土地区画整備工事.jpg

建造物が解体されるまで(下関市火の山展望台解体工事)

解体工事の着工から完了まで、約11ヶ月間の工事の様子をスライドにしました。
  • 【着工前】建造物が山頂付近にあり、周囲は崖の為、難しい作業でした。
  • 【解体状況】高所での作業であり、墜落・転落の労働災害防止に努めました。
  • 【解体状況】解体計画では、切断順序、ブロック割付などに苦労しました。
  • 【解体状況】重量物(3t~8t)のつり荷は、最良の玉掛具を選定して対応しました。
  • 【解体状況】形状の異なる解体物の荷卸は、玉掛時の重心打算に苦労しました。
  • 【解体状況】近くに遊歩道があり、第三者対策(周辺の安全)に留意しました。
  • 【解体状況】大型の重機搬入の為、準備作業を行っています。
  • 【解体状況】想定より鉄筋の量が多く高強度な建造物の為、手強い作業でした。
  • 【解体状況】建造物の高さが22mあり、27mまで届く機械で対応しました。
  • 【解体状況】散水による粉塵の飛散防止を実施しています。
  • 【解体状況】公園の隣接地の為、より慎重な作業で第三者対策に留意しました。
  • 【解体状況】高さの足りない作業は車両の足元に解体材を敷詰めて対応しました。
  • 【解体状況】柱などの解体材が不意に倒壊しない様に、留意して作業しました。
  • 【解体状況】作業終盤、「安全なくして企業の存続なし」と作業安全を心掛けます。
  • 【解体状況】鉄筋の量が多く、まだまだ困難な作業が続きました。
  • 【解体状況】効率良く作業を行う為、用途で解体用車両を使分けました。
  • 【解体状況】解体材を崖下に落とさない様に、養生を行った上で作業しています。
  • 【解体状況】複数重機の運用は、念密な打ち合わせと日々の作業計画によります。
  • 【解体状況】整地作業を行っています。ここまで安全に予定通り進捗できました。
  • 【完了】主任技術者、協力会社の皆様有難うございます。 工事長: 米玉利

宅地造成ができるまで

宅地造成工事の着工から完成前まで、約3ヶ月間の工事の様子をスライドにしました。
  • 1月26日
  • 1月27日
  • 1月28日
  • 1月31日
  • 2月13日
  • 2月20日
  • 2月21日
  • 2月23日
  • 2月25日
  • 2月27日
  • 3月2日
  • 3月3日
  • 3月4日
  • 3月8日
  • 3月11日
  • 3月14日
  • 3月21日
  • 3月22日
  • 3月24日
  • 3月27日
  • 3月29日
  • 3月31日
  • 4月1日
  • 4月6日
  • 4月8日
  • 4月15日
  • 4月18日
  • 4月21日
  • 4月24日
  • 4月26日
  • 4月28日
  • 5月1日
  • 5月2日
  • 5月10日
  • 5月15日
  • 5月16日